amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ラストラン

予想以上に、天才馬は強かった。

クリスマスイブの昨日、

有馬記念ディープインパクトは最後のレースを終えた。

有終の美を飾ったペガサスの目の覚めるような走りに感動、感涙。(←やっぱり)

騎乗した武豊騎手がディープを「彼」と呼んだのを真似て、

ここからは彼と呼ばせてもらおう。。。

最後の直線での飛ぶような走りは天才の証として、

それ以外にも驚きがあった。

以前までの彼とは違って、

多くの声援が飛び交うスタンドの前を通るときも、

決して興奮してかかる(ダッシュを始める)こともなく、

静かに戦況を見ながら自分の位置を抑えていたからだった。

ホントのところ専門的なことはよく分からないけれど、

私の見る限り、彼は自分の意思でレース展開していたように見えた。

武騎手がコースを誘導したり、

手綱をあからさまに引いたり、

ムチを入れたり(多分2回だけだった)、

そういうペース配分は彼の意思に任されているのでは、

とも見えるくらい、全体に悠然としていた。

自分のレースは自分で決める、

その感じがとにかくかっこよかった。

ふと、私自身は今どのコーナーだろう、

少し前は「かかり気味」(笑)だったりもしたけれど、

自分のペース配分は今のところ間違いないように思う。

焦ることはないけど、

直線で飛び出すタイミングと、

ムチの強さや回数など、的確に見極めたい。

さすがに作業も多くせわしない時期だけれど、

彼の快走に心が洗われた。

彼と、彼を支えた多くの人、一人一人に心から感謝。

2007年の3月からは北海道のノーザンファームで過ごすそう。

是非一度遊びに行きたいな。

今週からはお正月のアレンジのレッスン。

そしてお正月のアレンジのご注文のピークに。

予定では最終は29日までご注文受付致します。お早めに~☆

20061225031106.jpg

明日はバタバタせずに悠然と過ごしてみたい・・・・・・amica公式サイト