amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

「大阪花嫁」的風景

今日、約三ヶ月ぶりにヘアカット。

本当は毎月行きたいところだけれど、

ひと月の感覚で三ヶ月が過ぎる。

そんな毎日ですが、

とにかく楽しい、そして、とても元気な私。

楽しさと、元気さをくれる、向かうところ敵ナシの、

毎度おなじみ「3K」。←分からない人はいらっしゃいますか?

普段はあまり語られることのない、

カメラマンの河野あさひさんについて、

今日はたっぷり?語りたいと思います。

このタイトル「大阪花嫁」は、

実はカメラマンの島内浩一郎さんの写真集「東京花嫁」へのオマージュ。

河野あさひさんは、その島内浩一郎さんの事務所の、

唯一の関西在住カメラマンなのです。

結婚式で何に一番こだわりのポイントを置くか、

それはもちろん人それぞれですが、

終わってから残るのは・・・そう、「写真」です。

どんなに素敵なドレスでも、素敵なヘアメイクでも、

そしてもちろんどんなにみずみずしいブーケでも、

写真に美しく残らなければあの日の想いは色あせてしまう。。。

最近ではデジタル撮影をして、

規格内の編集をし、短時間で低予算でアルバムは出来るようですが、

正直、どのカップルも同じカットにはめ込まれている気がします。

(夢のない話でゴメンなさい)

やはり結婚式の日、その日の空気は、

経験した花嫁さんならきっとお分かりだと思いますが、

それはそれは言葉では表現できないような独特のものがあります。

これはその「型はめ式」の中には漂えないもの。

その日だけの空気を感じ取り、丁寧に封じ込めなければ。

さて、ここからは、

実際にこの11月に挙式を挙げられた美しい花嫁、恵美子さん、

そしてこっそり河野さんを追った写真。。。

私なりの「大阪花嫁」。

20061129001252.jpg

20061129001552.jpg

20061129002742.jpg

この日はご自宅でお仕度後、ホテルまで徒歩で移動。

街中で見る花嫁はやっぱり神々しい。

20061129001734.jpg

20061129002220.jpg

20061129002614.jpg

この日、お仕度風景から撮影の河野さん、

カメラ2台とフィルムバッグを肩から提げ、

二次会終了まで約15時間の魂の撮影!

なんとフィルム本数30本!!!

ざっと1000枚!!!

おそらくカメラのシャッターから煙出ていたに違いない!

驚くことに挙式当日、

とにかくカメラマンさんには休憩時間がない。

おにぎり1つ口にするヒマがない。

この日の河野さん、

ヘム鉄、マルチビタミン、飲むゼリー、などなど、

とにかく朝から元気でテンション高い。

幸せをバックアップする仕事に、元気はとにかく必要・・・。

ありがとう、美しい恵美子サン、

素敵なメイクの久保木サン、

それを収める河野サン。。。

・・・あ、河野サン、時々腰抜かすほど笑わすのだけ、ナシでお願い^^;

いいなああ、、、ウェディングの仕事って。。。

20061129003825.jpg

河野さんの作品はいつかたっぷりじっくりご紹介いたします。

ウェディングのカメラマンを目指す方に朗報!

今なら河野さんのアシスタント募集中ですよ~~~☆

手を取り合ってこのままいこう、愛する人よ~♪

by フレディ・マーキュリー・・・・・今日も〆は抜群のamica公式サイト