amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

頭痛のタネ

1. 自分で見つけた何かの原石が、

何年もかけて磨いて磨いて磨いていると、

光る石になってきたとする。

2. 今度はそれを、

値打ちが分かる人、欲しいと思う人に適正価格で販売し、

きちんと飾る場所をもらって輝き続けること。

値打ちが分からないところに買われたら、

ホコリをかぶって光を失うかもしれない。

これは実は自分の腕(技術)で生計を立てる人たちの話で、

大事な原石(=それぞれの人の技術)をどうやって売るか、

この2番目の難しさに頭を痛める。

「腕がいいこと」と、「仕事が来ること」

これは比例するのが一番いいのだけれど、

世の中そんなに単純じゃない。

自分の腕で勝負し、一流となっていくには、

技術や感性を磨くこと、

そして自分をマネージメントすること、

その両方の才能が、それぞれ人一倍必要なのです。

自分をマネージメントすること、

これは本当に難しい。

正直、私にはこんな才能、皆無で、

交渉事ではいつも思うように進められず、

後悔したり、歯がゆい思いをしたこと数知れず。。。

私の周りにも、

腕も感性もありながら光の当たっていない人、

そしてコワイことにその逆もある。

この道で生きていかなければならない、となると、

1つでも多くの仕事を取るために、

自分の腕を磨くことより、手っ取り早く根回ししたり、

接待攻勢をかけて楽しませ、自分の味方に引き込んだり、

ひどいのになるとすっかりどこかのデザインの真似をしたり。

是非、聞いてみたい、

恥ずかしくはないですか?

ダイヤモンドくらいの圧倒的な輝きで、

そんな不純な考えの持ち主たちを、吹き飛ばせたら、と思う。

私はかたつむりのようなノロノロなペースでも、

確実に前進していきたい、と思う。

怒りやら何やらでしんどいこともありますが、

こんな嬉しいことが。

先日、研ぎと調整が終わって帰ってきた祖母の形見の花鋏

昭和35~40年に作られたものだそうで、

薄い葉がサクっと切れる、素晴らしい切れ味。

20061023182453.jpg

そして、以前ウェディングブーケを作らせていただいた花嫁さんから、

私の大好きな高島大樹さんの作品をいただきました。

これまた大好きなお店うつわクウさんでオーダーメイドされた小物入れ、

「bunga(花)」「bersyukur(感謝)」という文字と、

私の名前、「junko」も。

正直、ほんと、夜中にまた出してきてジイ~ん。

20061023182334.jpg

とにかく、なにはなくても、

いいお仕事していきます、とハサミと小箱に誓った私。

061021-1.jpg

先日挙式の花嫁さん。

あなたの笑顔のおかげで、

少なくとも私の周りには大きな平和が訪れました。

本当にありがとう、そしてどうぞお幸せに。

目指せダイヤモンド!!!!!・・・・・今日もアツいamica公式サイト

掲載写真の無断転用を固くお断り致します。