amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

踊る幸せ

残暑お見舞い申し上げます。

ウチから見える六甲の山並みです。

20060810012005.jpg

今週末からお休みの会社も多く、

楽しいレジャーの計画が待ち遠しい頃でしょうか。

今月もなかなか忙しく、

まだ宿題山積のamicaでございます。。。

さて、ふと最近、気がついたこと、

私の周りには踊るのが大好きなダンサーたちがたくさんいる、と。

種類も多岐に渡っていて、

ジャズダンス、エアロビクス、フラダンス、タップダンス、バレエ・・・。

そのダンサーズ(←勝手に結成)たちは、

この暑い季節には和の踊りもきちんと押さえていて、

いわゆる盆踊りの、炭坑節、河内音頭、ソーラン節、などなど、

祭り系の踊りにも目がないらしい。

いい! それって、すごくいい感じ!

踊ることって、やっぱ太古の昔からのレジャー?だもんね、

私もなんだか踊りたくなってきたー。

そういえば昔、こんなことがあった。

あるクリスマス、その年はなぜか家族でブルーノートへ。

ジャズが好きな父のアイデアだったと思うけれど、

その日の出演アーティストは「K.C. &ザ・サンシャインバンド」。

(「That's the way」のヒットで知られてます。。。)

姉と私は大好きだったので大喜び。

ジャズというよりダンス系のカッコいい曲が続く中、

ブルーノートのオーディエンスは大人っぽく、

ドリンクを片手に座って体を揺らしていました。

盛り上がったところでヒット曲「That's the way」が始まった。

そのときでした、

姉が立ち上がって踊りだしたのです!

ええ、他には誰一人、立っていないところで、です。

プレイしていた黒人ギタリストは驚きつつも喜んで、

まるで姉に向かってプレイするかのような仕草まで(汗)!

隣に座っていた私、驚きつつも考えた、

 自分も立って踊りたい・・・30%

 でも恥ずかしーーー・・・20%

 周りはお構いなしの姉のノリにさらに驚き・・・50%

結局大好きなヒット曲はほとんど耳に入らず、

そのあとライブ終わりまで踊った姉の横で、

妹と一緒に腰を抜かしていたのでした。。。 おしまい

いや、でも断然、踊るが勝ちです、

あのライブを誰よりも楽しんだのは姉だと言えます!

この夏、盆踊りの輪をどこかで見かけるかもしれませんが、

どうぞ臆すことなく、輪に入って踊ってみてください!

踊り終えたらきっと、元気で楽しい気持ちになってるはず。

なぜなら、

私の周りのダンサーズたち、

どの人も私にいつも元気を与えてくれるんですよねえ。

バレエを始めたいけど体がカチカチの・・・・・amica公式サイト