amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

日本男子はどうか?!

亀田フィーバーもひと段落、ホント大騒ぎでしたね。

前回の女子に続いて、

花の話は抜き、今度は男の子のこと。

女の子は豊かに育てるのがよい、と誰かが言ってた。

基本の金銭感覚は持ったうえで、のことだけれど、

確かにあまりにガツガツしているのは美しくないかもしれない。

逆に男の子はハングリーで、Be ambitious ! と願う。

亀田兄弟の印象は、

イマドキには珍しいハングリー精神を持っていて、

サッカーの日本代表選手、特にFWの選手に見習ってほしい!

なんて思っていた。

でも先日の試合を見て、

またはその他モレ聞く話ではなかなか印象とは違っていて、

本当に昔、まだ日本が貧しかったころのチャンピオン像とは、

全く違う育ち方をしているんだなあ、と

しみじみ複雑な気持ちになったりした。

今の時代、豊かになっていると言われるけれど、

見えない格差が確実に生まれ、刻々と溝が深まっていて、

働いても貧しい「ワーキング・プア」という層の人が10%もいるのだそう。

人員を削減して甦った企業の影で、

こぼれてしまった人々がそれでも家族を抱えて生きていく。

国全体がまだまだ中流がやっとだった時代の貧しさと、

こぼれた人々だけが味わう貧しさ、

そこにはやはり大きな差があるんだろうか。

貧しさから生まれるハングリー精神、熱意、渇望、

それらにはどんな世の中だろうと光が当たることを祈る。。。

ちょっと暗い話になってしまったので、

4歳の可愛いハングリー少年を。

3歳には「しょうらい、おたまじゃくしになりたい」とか

今年の初めには「火の玉になれますように」と夢を語っていた甥っ子、

最近はさすがに「プロのサッカーせんしゅになりたい」と。

DSCF0716-1.jpg

ボールが大きく見えます(笑)

20060805020004.jpg

特に甘いものにはハングリー。

少年よ、夢を忘れずに、熱く生きておくれ^^

「オバ馬鹿」丸出し(照)の・・・・・・・amica公式サイト