amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

東信サンについて

「あずままこと」サン、

お花に携わる人なら、今この人の名前は知っているかも。

銀座にある「ジャルダン・デ・フルール」のフラワーアーティスト

真っ白な店内には花を一本も置かずに、

お客様とカウンセリングをしてから仕入れ、製作するショップ。

最近NHKの「トップランナー」や、

その前は「情熱大陸」でも取り上げられたので、

ご覧になった方もあるかもしれない。

あまり突然、脚光を浴びて名前が出ると、

イメージが一人歩きして本当はどんな人か分からなかったりする。

この人に関しても、以前から色んな意見もあって、

私もちょっと引いた目で見ていた。

元々、同業者の方の作品を見ることをあまりせず、

雑誌「花時間」もここ何年か買わなくなっている私・・・。

自分の作品作りのインスピレーションが、

他の人の花の作品からは生まれないからかもしれない。

さて、東サン、

作品の好き嫌いは人それぞれだと思うけれど、

最近、私が彼の発言を聞いて、ハッとしたことがあった。

それは、

 「花のオーダーメイド」

への強い思い。

花を贈る人と、贈られる人、

その大切な花を仕上げる仕事として、

それぞれに世界に1つだけの花を作りたい、と。

そういう、作り手の思い。

私も今のスタイルにしたのにはそれに共通する考えがあったから。

だからあえて店舗を構えずに「オーダーメイドのオンラインショップ」に。

ただ、このスタイルはなかなか理解されない。

サンプル写真を見て選ぶ習慣が買う側には根付いている。

東氏も地道に説明をし続けて理解を広げたらしい。

志(ココロザシ)を高く持って、

主義を通すことにはエネルギーが要る。

私自身はここ半年くらい、

思うような形でオーダーを受けられないこともあり、

頭を痛めていた問題でもあった。

今までウェディングで一万人以上の花嫁さんに、

ピッタリ似合う花をコーディネイトしてきた、

その経験と花への思いを、今、ギフトにも生かしたい、と思う。

東氏の仕事への姿勢はピュアで熱い。

製作に当たっては、作品に酔わない、冷静でいること、だとも話す。

花を扱う真摯な姿勢にも好感が持てた。

間違いなく、久しぶりに感銘を受けた人物だなあ・・・。

なんだか、モノを考える良いキッカケをもらって晴々した気持ちデス。

というわけで夏休みの宿題満載の・・・・・amica公式サイト

あれ、リンク張って気づいたけれど、今日アズマ氏は誕生日だった!驚き。。。