amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

優雅について考える

「あなたにとって優雅な人って?」

「優雅という言葉から思い浮かべることは?」

先日、そんな難しい質問をたくさん受けて、

一生懸命「優雅」について考えた。

窓から神戸の海が見えるVIPルームで、

来年春に創刊予定の、「GRACE」という雑誌の、

その読者モニターとして、アンケートに答えたのです。

家庭画報」と「MISS」の、その間の世代に向けた、

優雅をコンセプトにした女性雑誌・・・、ホント今から楽しみでなりません。

20060630014157.jpg

しかしながら・・・、せっかくのインタビューも、

普段考えていないことにはなかなか言葉では出てこない。

いかに仕事と生活に追われているかを実感する。

一緒にモニターになっていただいたのは、

芦屋のレッスンに来られている方からのご紹介のマダムFさん。

専業主婦で子育てもほぼ終わられたというこの方の、

的を射たお言葉とご意見に、私はただ「そう、そうなんだわ」と、

うなづいてばかりいた。

Fさんの、さりげなく控えめながらもTPOにふさわしい装いはもちろん、

身のこなし、話し方、お話の内容、

まさしくこの方こそ「優雅人」!!!

圧倒されて私はその夜、しみじみぺしゃんこになりました。。。

優雅って、

何もいい服を着て、いい車に乗ってることとイコールじゃない。

つい先日も某有名整形外科の女医さんが出ておりましたが、

どんなにいい身なりをして名車に乗っても、

悲しさが漂って見えたのは私だけなのかナ。。。?

さて、そのFさんのおっしゃる「優雅な人」は、

「バランスの取れた人」とのこと。

いいバッグを持っていても家の中がグチャグチャではいけない、

生活すべてに一貫したアベレージがあってこそ、優雅だと。

そして、額に汗して雑巾がけする部分もあって初めて、

優雅な時間が持てる、と、主婦の方らしい見解もお持ちだった。

お花の仕事もそうなんだなあ。

優雅に花を挿すのなんて、仕事全体の十数分の一くらいの割合。

そのほかに地味で手間のかかる、地面に這い蹲る作業も積み重ねて、

ようやく優雅な花との時間が生まれる。

いや~、優雅って・・・?

他の人のイメージ像、有名人、など、

聞けるとウレシイです。

目指せ優雅人!・・・amica公式サイト

*お知らせ・・・お気に入りに登録して下さってる方へ

  URLが「amica.xsrv.jp」になっていたら「j-amica.com」に修正してくださいね。