amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

「突出」した才能

きゃー素敵!かわいい!

商品を見てもらって、まず一言、

手放しのこのコメントを聞くためには、

突出したデザイン」や「突出した色合い」でなければいけない、と思う。

それもたま~に、でななく、

もちろんエブリデイ聞かなければプロではない、と思う。

その打率は12割以上(!)で当たり前、

日々、技も感性も研ぎ澄まさなければいけないと思う。

ましてやウェディングブーケともなると、

特別な日の特別なお花、一生お写真にも残る。

挙式当日に届いたブーケを見た花嫁さんが、

「想像以上です!!!」

と喜んでくれて初めて「プロのシゴト」だと思う。

想像通り、では誰でも出来る。

さて、今日、想像以上のデザインのものを手にした。

来週のレッスン素材、

 トード・ボーンチェ

    「Thinking of you NOW」という花器。

2003年に英国でのデザイナーズ・オブ・ザ・イヤーの一人にも選ばれた、

オランダ出身の彼は、自然の草木、花、鳥などをモチーフに、

洗練されたデザインを展開している。

以前からランプシェードはインテリアショップにディスプレイされていたけれど、

今年初め、フラワーベースがあることを知った。

是非、今年の夏に、この花器を使いたい、と思い、

ようやく今月後半のレッスンで実現することになりました。

ネット上でも売り切れ続けていたものがようやく昨日、

人数分、ドサっと届いた。

開けてみて・・・いやあ、本当に驚いた。

「想像以上!」

案の定、この花器を見たスタッフや生徒さんは、開口一番、

「きゃーかわいい!」と。

リサイクルグラスを使う、とも説明に書いてあり、

まさにLOHASがコンセプトの花器。

この器を見ていると、自然の野山を想い浮かべる。

そのくらい、数多くの種類の植物が描かれ、

トンボや蝶、小鳥も飛んでいる。

ゴミの分別も大事だし、

添加物は極力、口に入れたくないし、

高くても長く使えるものをしっかり選びたいと思う。

それもこれも大切なことだけれど、

ときには野山の風景を愛着を持って思い浮かべる、

そんな時間も大切だなあ、と・・・。

想像以上で、癒される、

LOHASな花器、全貌はレッスンにて!

20060616005714.jpg

20060616005726.jpg

20060616005741.jpg

6月19日(月) 本町教室 18時~

6月20日(火) 芦屋教室 14時~

6月20日(火) 三宮教室 18時半~

6月24日(土) 芦屋教室 14時~

Lifestyles of Health and Sustainability を実感するかも?・・・amica公式サイト