amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

胸騒ぎと人間ウォッチング

今朝は、INさんと花市場へ。

週末の婚礼と、活け込み、その他のご注文分を買い終えて、

10AMすぎ、市場内のカフェ?喫茶室?「ブーケ」へ行くことに。

車に財布を取りに行こうとした、そのとき、

ただならぬ胸騒ぎ

ときどき現れる、その、変な予知能力、、、

ひさしぶりの友達からの連絡など、前もって分かったりする。

今朝のその胸騒ぎは

自分の持ち物が無くなった、というもの。

急いで車へ行くと、

無い

探すまでもなく、車上荒らしだと分かった。

鍵はしっかり閉めていた。

でも左の後部ウィンドウが、約10センチ開いていた。

花を積む予定なので、車内が熱くならないよう、

窓は少しだけすかしておくことが多いけれど、

今朝に限っては、開け過ぎていた。

泥棒はここからそおっと腕を伸ばしてドアロックを開けて、

難なく持っていった模様。

お気に入りのバッグごと、すっかり無くなっていた。

中にはお財布(ミラノで購入したVALEXTRA・・・泣)、

クレジットカード、キャッシュカード、家の鍵、化粧品。。。

被害総額、10万円・・・

頭が軽いパニックになり、判断力が低下していった。

市場の知り合いに泣きついたり、探してみたり。

市場の社長やらスタッフの人は、口々に「また・・・!?」。

自転車で徘徊している不審者情報が、複数あるらしい。

どこからともなく、泥棒は出没し、窃盗を繰り返している。

ヨレヨレしながらも、

警察に連絡したり、カード会社、銀行、鍵の交換の手配、

何せ、ケイタイは持っていたので助かった。

INさんが冷静でいてくれたので、連絡は滞りなく終えた。

私はヨレていたので、大事なそういう連絡より、

貯めていたスーパーのポイントカードのことを気にしていた。

(↑ヨレすぎ・・・)

市場の「ブーケ」でお茶していたいつもの面々、

思わず飛び出してきて、

真剣に「駐車場にも監視カメラ付けなあかんわ!」とか、

冗談まじりに「社長、はよ盗ったもん出しや~」とか、

とにかく、心配してくれた。

それから近くの交番で被害届けを作った。

担当はスローテンポで汗かきのオマワリさん。

クーラーの部屋でもぼとぼとの汗を拭いている。

「小一時間はかからない」と言われていたのが一時間以上。

そのほとんどがオマワリさんのワープロ作業に費やされる。

普段あまりゆっくりすることのない交番内を見回すと、

全体にヤニ色で、何でも手書きの、アナログの、昭和のニオイの、

今の時代からは取り残されたような世界があった。

汗ダクのオマワリさん、最後にドアから指紋採取。

ドラマで出てくる耳掻きの大きいワタみたいなもので、

粉を付けてテープではがす。

ドラマと違うのは、カッコいいケースではなく、

いかにも「オジサンのお道具箱」みたいなお気楽感。

でもそのツユダク、じゃなかった汗ダクのオマワリさんも、

もれなく拳銃と手錠を腰に下げていた。。。

なくしたものを考えると、

くやしーーー!!! (私の嫌いななんとか小町風~)

けど、このことで、また様々な人のお人柄が見えた。

人情味のある人、親切な人、または若干無関心な人。

へこみながらランチをした「ブーケ」では、

マスターがコーヒーをサービスしてくれた(ジイ~ん)、

それから、市場から帰るとき、どの人も「気をつけてね」と声をかけてくれた。

ジイ~ん・・・

市場の周りは治安があまりよくないけれど、

市場の中には温かい人がいっぱいだな。

それをしみじみ実感した、プチ楽天家の私でした。。。

P505iS0025821470.jpg

写真はその「いつもの面々」。。。

さあて、明日からまたバリバリがんばるぞ、のamicaサイト