amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

不思議な出会い

長年生きていると、色々な出会いがある。

ここ数年、一生お付き合いしたいと思う、大切な人たちに出会うようになった。

10~20代にかけて、

私は人ギライ、集まることもキライ、

そして何より、自分のことが嫌いだった。

でもホントは自分がうまく表現できなくて、

自分で自分が納得いかなくて、

それで閉じていただけの、本当は強い自己愛の裏返し、

今になればそれがよく分かる。

今はおかげさまで自分を表現することが出来るようになり、

いつからかオープンマインドでいられるようになり、

そうしているうちに良い人たちに出会うようになった。

それぞれの人との出会いのドラマはまたおいおい、として・・・。

5月、母の日が終わったある日、

ちょっと京都まで行く用事ができた。

理由を話せば長く?なるのだけれど、

とにかく、ある方の作品展のお花を届けに行ってきました。

北大路から徒歩5,6分、で、目指すのは「うつわ屋めなみ」さん。

ここの二階で書と絵画の二人展が開かれていた。

お花をお届けし、作品を拝見し、帰ろうかとしたとき、

なんとちょうど?雨が降り始めた。

まいったなあ、と空を見上げていると、

うつわ屋さんの方が、奥からビニール傘を出してきて下さったのです。

「それなら・・・」とゆっくり器を見せていただくことに。

その道のことはほとんど無知で、いつも「好き」か「キライ」か。

ほとんど買う気持ちはなく(すみません)見せていただいていたのに、

そこにそれはあった。

あっ、なんか気になる、

なんだろう、このこそばゆい形と柄は。。。

うつわ屋さんのお話で分かったことに、

私が手に取ってしげしげ、じろじろ、眺めていたのは全て、

高島大樹さんの作品だったのです。

この作家さん、人気あるんですよ~、

買い出したらどんどん次が欲しくなるんですよ~、

ここまで聞いたら買いたくなるでしょう、うふふ。

うつわ屋さんにそう言われ、

普段はへそまがりな私だけれど、

その器にはひと目惚れ、「買いま~す!」となった。

帰ってからネットで高島大樹さんを調べてみた。

すると、、、

なんと私が以前から行きたい行きたい行きたい(それなら早く行こうヨ)、と思っていた、

芦屋のうつわクウさんで置いておられることが発覚☆

やはり、やはり、何か大好きなニオイがすると思ったら、

こういうことだったのかあ。。。。。。。

(いつも動物的な感じでお恥ずかしい。。。)

それから半月、まだクウさんへは行けてないけれど、

近日中にお邪魔する予定。 

写真はその、高島大樹さんのうつわ。

20060601004516.jpg

20060601004607.jpg

レッスンのときに、

お茶の器を全部高島さんの作品でお出しするのが夢デス。

あああ、何より京都へのお花、

玲さん、いつもありがとう、これからもヨロシクね。

花がドラマを呼び寄せます。。。amica公式サイト

6月18日は父の日デスヨ