amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

目に青葉・・・

気温が低かったり陽射しが少なかったりで初夏の印象が薄い、

そんな今年の5月ですが、

母の日に追われているうちに、いつの間にか六甲山は緑に輝き、

街路樹も青々と茂ってきました。

今週は母の日以上に忙しく、

本当に順調すぎてコワイ、そんな「くの一」デス。

コワイといえば、母の日に出回るカーネーションの質、

この時期に照準を合わせ、一ヶ月も二ヶ月も寝かされて、

ヒョロヒョロと、または蒸れた感じで運ばれて、

そして驚く値段がつく。

普段のだいたい1.5倍?くらいでしょうか。

おかげさまでamicaへのご注文の中には、

「真っ赤なカーネーションで!」とか、

「めがねのプードル!」とか、

「プードルを双子で!」とか、

そのようなものがないので、大変助かっております。

毎年やってくる母の日、クリスマス、その他季節のイベントものに関しては、

その時期らしさも大切にしつつ、

その年ならではの新しさもありつつ、

amicaとしてのオリジナル感もありつつ、

そんなことを考えてデザインを考えております。

オリジナルスタイル・・・、

これをきちんと持つこと、

そしてそれを提案し続けること、

フローリストとしての技術も、体力も、運転技術!も、営業力!も、

そしてそして人間的魅力も、愛嬌も、度胸も、そこはかとない色香も、

モロモロ、とにかく努力して、自分で自分を生かさなければイケナイ、

マネージメントできるのは自分自身。 

今宵もアツイなあ。

話は反れましたが、

新緑の季節、目にする青葉に心もみずみずしくなります。

今週のレッスンはグリーン満載のアレンジ、

デッカイお花が好まれるフレンチスタイルですが、

今年の5月はこんなイメージで・・・。

20060524224347.jpg

小池幸子さんの作品を抽選で掲載させていただきました。

花材はテッセン(フロリダ)、房すぐり、山アジサイクリスマスローズ、ゲーリック茶葉

明るいグリーンと紫っぽい茶色って、なんて素敵なんだろう・・・。

花も実もあるお年頃のあなたへ・・・amica公式サイト

そういえば、昨日の三宮レッスンで好評だったCDです。

久し振りに聴いてちょっとウットリしました。