amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

サムライの街

先日、前々から行きたかったお店、

リストランテ「raffinato(ラッフィナート)」へ行った。

芦屋の事情通のみちさんも絶賛する、名店との評判。

ちゃんとお腹をすかせて、予約をして行きました。

「美味しいらしい」ということ以外、あまり情報は持っていない。

なんとなくあっさりとした店内とサービス、

リラックスしてオードブルから。。。

その、ひとくち、

そこで完全に私はひっくり返った!

(・・・という感じがした、というかブリッジした感じ)

一緒に行った相方と目を見開いて見つめ合った。

ななな、なんじゃ、こりゃーーー!松田優作ジーパン風)

そんな感じ。

そのオードブルとは、

ほんのり自然な甘みのニンジンのムースに、

北海道のウニが乗り、

それをコンソメジュレが囲む、というもの。

それを三位一体?三種類一度に口に入れて、とのことで。

その素材そのものの味の良さ、

取り合わせのセンス、ボリュームのセンス、

いやあ、本当に驚いた。

このあとに、

 カニの乗ったルッコラとグレープフルーツのサラダ、

 クレープ包みのほうれん草のなんとか(ベシャメルソース味)、

 徳島のフルーツトマトの冷製パスタ、

 筍と干し桜海老のパスタ、

 茶美豚の肩ロースソテー、

 お口直しのアールグレイのシャーベット、

 ラッフィナートオリジナルのイチゴのティラミス、

   ・・・・・いやあ、よく覚えてるでしょう?

と、コーヒーいただきながら大満足で上機嫌になっていると、

奥から小阪歩武シェフが。

なんと、多分、一般的には、巷の人は、きっと、おそらく、

イケメンシェフ

と呼ぶのではないだろうか? 私は照れくさくて言えないけど。

お料理はお口に合いましたか?、量は?など、さわやかなお話ぶり。

「どうだ、ウマイだろうー」なところは微塵もない。

ここ一年、ものすごく美味しいものに出会い過ぎてると思う。

それはこの芦屋という街のおかげだと思う。

目も舌も肥えている人が多く住む、または訪れる、

この街で商売をするのは並大抵のことではない。

ましてや続けていく、生き残っていくのはもっと。

味もサービスも、他より突出していなければ、

この街では淘汰されていく。

大手の店やチェーンでは本当の細やかなサービスや、

作りたての味などが提供されない。

実際、有名でも大きくなってから味が落ちた、など、

この街のうわさは容赦ない・・・。

だから、か、この街には小さくとも「志の高い店」が多い。

シェフ、マイスター、パティシエ、マスター、王子?など、

この街の仕事人たちは、個人で熱いショップコンセプトを持ち、

日夜技を磨いて、休むことなく新しい境地に挑戦していく、

そのひたむきさを見て、

古武道家甲野善紀氏を思い出した。

まるで芦屋はサムライの街。

ショップを持たずに人目につかないアトリエにいる私は、

さしずめ「くの一」かな?!

尊敬に値するサムライたちに負けないよう、

忍びの技も磨いていこう。ふふふ。

P505iS0026738929.jpg

写真は上で書いたサラダ、これも驚きのお味。

「くの一」の技が見れる・・・amica公式サイト