amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

詩人

常々、コトバで色々きちんと表現できる人のことを、

自分にない才能ということもあって、全面的に尊敬している。

コピーライターという人によると、

ものを言い表すのに、短ければ短いほど難しいらしい。

確かに、長く説明すればそれだけ具体的になるし、

理解する人が増える。

そこを短く、簡潔に、かつ、深く訴えかけるには、

それ相応のコトバの力が必要になる。

最近、ある歌の歌詞でノックアウトされた。

レミオロメンの「太陽の下」。

昔から洋楽好きで、実際、日本語のCDはほとんどない、多分。

(以前、東京でノムラ氏にクレージーキャッツのをもらったくらいか。)

特に最近のJ-POPというものには

ヒット優先で歌心が感じられない、とも感じているし、

あまり興味がなかった。

でもこの歌は違うと思った。

その歌詞、

  笑って こころ開いたら、

  あなたのこと 好きになった

恋をするには、

心を閉じていてはできない、と思う。

恋をすると、

素直になれる、と思う。

さいころから心がオープンな子どももいる、

何の苦労もなく、笑って恋を楽しめる人も多い。

でもずうっと、

いつも自分の殻に閉じこもっていて、

好きな人がいてもうまくコミュニケーション取れない人も。。。

この歌は短い歌詞で、自然なメロディで、

そんな切ない気持ちを歌っている。

この曲はこの歌詞のために書かれたのかもしれない。

まだレミオロメンはアルバムを出していないそうで。

そんな新しい詩人、出現に感謝、これからに期待です。

恋の話を書くのは照れくさい。

なのでここではあくまでも誰かから「聞いた話」として。。。

春、恋の季節デス。

心を開いて、お花を贈ろう・・・ amica公式サイト