amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

いのちの花

先日、九州のお客様から、

 

 ライラックは入りますか? 

 できるだけ早くていつ入りますか?

とお問い合わせがあった。

ライラックという花、

今の時期、あるにはある、特に白は。

一週間前に注文すれば80%くらいの確率で入る、

けれど急ぎとなると市場のある月・水・金の中でも、

曜日によっては入荷がない、やや波のある花材で、

そのお問い合わせが月曜の午後ともなると、

水曜に入荷があるかはなんとも言えない。

ただ、その人はとても急いでいる様子で、

それも色は薄紫のもの、との限定もついた。

そうなるとよけいに入荷の確率は低くなる。。。

国産のライラックの流通がまだ安定していない時期の今、

輸入業者でできるだけ確実なルートをあたり、

一番近い水曜の入荷の有無を、分かり次第連絡をもらい、

それをそのお客様へ伝えることに。

結果、なんと珍しく水曜に入荷があった。

それも開けて水揚げしてビックリした。

輸入のライラックにはほとんど香りが残っていない場合が多く、

その花姿のみを楽しむことになるのだけれど、

その日のライラックにはしっかりと、気高い独特の香りがあったのです。

入荷したことも、香りがあったことも、

よほど、このお客様にはライラックとご縁があるのか、と。

バッチリと水揚げしてキラキラになった薄紫のライラックで、

アレンジメントを作り、その日の最終の便で九州まで発送した。

最短で、クオリティも良いものを提供できて、ホッと安心。。。

なぜ、その人は急いでいたか、、、。

あとからお礼のメールをいただいて理由が分かった。

なんでもライラックをリクエストしたのは、

ご注文主の方の、余命数週間と言われたおばあさま。

そのおばあさまは、昔、満州におられたとのこと、

戦争時代に満州で余程怖い思いをされたのか、

当時の事は殆どお話しにならないそうです。

ところが、先日ご容態が急変した時に、

満州の庭に咲いていたライラックが見たい」と。

それで、一日も早くライラックを、というお電話をいただいたのでした。

そのご注文主の方はメールに、

 

 純粋に楽しかった少女時代を思い出してくれたら、と思います。

と書いておられました。

花の持つ力を、またひとつ知ることになった。

どうか一日も長くライラックを眺めて下さいます様に。

DSCN2126.jpg

amica公式サイト