amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

オトナの品格

それにしても荒川静香は美しかった。

巷ではイナバウアーが大ハヤリ?というので私も挑戦。

目いっぱい体が反った!と思ったところで鏡に映った自分を見ると、

そこにはただバンザイしているだけの私、、、。カチカチすぎる。

それはともかく、

彼女の演技も技術も圧倒的に素晴らしかったけれど、

風情というか表情・・・、顔、体、手先、全てから

大人の女性の美しさがあふれていた。

演技のために作っているものではない笑顔には、

音と一体となって滑る喜びやこれまで積んできたことへの充実感、

それを見て、なんだかもう私は涙が出てしまう。

フィギュアのメダリストとしては最年長の24歳だそうで。

24歳は今の時代、あまり大人としての自覚がなくても許されたりもする。

舌足らずでしゃべって依存している小娘なんて五万といる。

(お、まるでアデージョ気取り!)

メダリストとなるとタレントのようにはしゃいで?しまう人も多いけれど、

「彼女には分をわきまえた品位を感じる」と誰かがコメントしていた。

さて、それにひきかえ、

他方には「大人としてきちんと謝れない人」がいる。

N議員のことはニュースでもしつこいくらいに取り上げられている。

自分の失敗を謝罪することはなかなか難しい。

誰にどのくらい迷惑をかけたか、

自己保身より前にその相手に対して心を砕かなければ、

本当の謝罪の言葉は出てこないと思う。

失敗で迷惑をかけたことに加え、

ちゃんと謝らないこと、

これでは二重に相手をガッカリさせることになる。

私の記憶では薬害HIVの問題のときに厚生省が頭を下げた、

あのときからあの「お詫びシーン」は定着したような?

当時はさすがにその姿に誠意を感じたものだったけれど、

今は「取りあえず的」に下げる人もいるような。。。

まあ大人になって社会に出ていれば、

大なり小なり何かしら失敗をする。

やはりきちんと謝れることはオトナの品格のひとつかな、

と自分への反省も含め考えた今週でした。

さてと、明日もストレッチに励もうかな。。。

心のストレッチには・・・amica公式サイト