amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ホスピタリティ

先日、誕生日を迎えました。

色々な方からお祝いのプレゼントやメール、ゴハンなど、

いくつになっても誕生日はいいなあ、なんて。

当日は仕事がらみで

               沖縄 

                      ~ ~ ~

にいました。

実はそれまではどちらかというと北海道好きで、

南の島系や沖縄にはあまり興味がなく、行ったことがなかったのです。

汗があまり出ない体質(そうなんですよ、エンコウさん)のためか、

熱いところは大の苦手、サウナも長くいられない。。。

でもなんと今のこの時期、沖縄は春真っ盛り!

花壇では大好きなナスタチュームが咲き、

沖縄の桜?と思われる濃いピンクの花があちこちで咲いている。

沖縄のヒバリ?が聴いたことないくらいのキレイな声で、

波の音に合わせて楽しそうにさえずっている。

宿泊は憧れのブセナテラス

私はそれこそバリ島の豪華コテージなども行ったことがないけれど、

きっとここはそこに通じるものがあるに違いない。。。

静かでゆったりとできて、行き届いたサービス。

ふと浮かんだ言葉、ホスピタリティ

ちゃんと辞書で調べたら、やはり「おもてなし」の意味でした。

ホスピタリティはそのホテルだけから感じたわけではなかった。

沖縄という島全体に、人を受け入れる懐の深さを、

なんだかしみじみ感じてしまったのです。

たくさんの人が恋焦がれる場所であるのが理解できたような。。。

沖縄の島には悲しい歴史がたくさんあるし、

今も大部分を基地が占めている。

ジュゴンの住む海に、滑走路を作ろうともしている。

数年前の台風の年、海水温の異常でサンゴは死滅し、

その白化現象で海底が白く見えるところが多い。

リゾートホテルに泊まりながら環境のことを思うのは

少しオカシな話かもしれないけれど、とにかくこの島を大切にしたい。

レイチェル・カーソンの「沈黙の春」のようにならないよう、

沖縄の春には毎年花と鳥の声があふれていてほしい、と思った、

そんな2月12日でした。

DSCN1771-a.jpg

ホスピタリティのあるサイト(^^;)・・・amica公式サイト