amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ホームページ誕生秘話1

「オンラインショップ」という形でいこう

と考える人たちは、一体ナゼそう決めたのでしょうか?

店舗経費の削減のため、か、

在庫を置かなくてよいから、か、

ネット通販に新しい販路があるから、か・・・。

一般的にはそんなところですが、

私がオンラインショップ&アトリエという形を選んだのは、

上の理由以外にも色々な考えがあったからです。

何より、思う土地に思う物件が無かった。

自分のスタイルが好まれる年齢層、土地柄、人通り、立地、施設、そしてコスト。

相当数、各地当たったけれど、

大切なバランスが取れている場所が見つけられなかった。

そして、

「お客さんが来るのを待つ」という形を望まないから。

「待つ」ということに関しては以前カフェをしていた経験の中で、

いつ何時、誰が来てくれるか分からないので、

例え雪が降っても台風が来ても、よほどの天変地異でなければ、

常に開けておかなければいけない、ということを重く感じたから・・・。

訪れてくれた人に対しては、100%ウェルカムなテンションで応対したいし。

2003年、とあるショップと契約が切れて一人立ちすることになり、

まあそんなこんなで「ネットで行こう!」と決心したワケですが、

周りの人たちはキョトンとしていました。

  ある人は、

   「花業界の現実、一人当たりの花消費代や、その人数が、

    一時期より年々減っていっている、バブルの終わった業界」

  と言い、

   「無理なんじゃない?」

と、私をペシャンコ(普段以上に、デス)にしたのです。

最も尊敬するべき人の一人、M子サマに。

確かに関西、特に大阪の景気は底を打ち続けていて、

明るい兆しは見えない、そんな2003年、、、。

でも私には花しかない

それを形にしていくにはどうしたら。。。?

わずかながらも長く通ってくれていた生徒さんたちには、

一刻も早く新しいレッスンのお知らせをしたい。

そう、私には時間もない

それより何より、私にはパソコンが無かった(赤面)!

ナイナイ尽くしで多難のスタート?となった

「ホームページ誕生秘話」は次回へ続く。。。

下の絵(ロゴの一部)は姉が割り箸で書いた花。

20060130003422.gif

難産だった?・・・amicaの公式サイト