amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

耳人間

今はフローリストが天職と思っている私ですが、

一時期、「大好きな音楽を仕事にしたい」と強く思っていました。

とはいえ、歌や楽器などではなく、色々なものに音をコーディネイトする仕事。。。

具体的にどんな、という職業を思い描けなかったのですが、

とにかく心置きなく「良い音楽」をジャンルを問わずにセレクトし、

提供していく、というもの。

耳人間としての私のスタートは、

きっと「だるまちゃんとかみなりちゃん」の英語のテープ。

まだまだチビッコだった私は、絵本片手にその音(英語)を

意味も分からず何度も何度も聴いていました。

また、週末には父が流すビートルズイヴ・モンタンモーツアルト

最もその頃耳障りだと思っていたジャズ、特にマイルス・デイヴィスは、

不可解な旋律が私たち姉妹を困らせました・・・。

謡曲も含め、いつも音楽がそばにある中で大きくなり、

姉の影響もあっていつからか自分でFMを聴いて収集するようになった。

ものすごく耳にひっかかってきたのは当時のQUEEN

私の薄味な顔からは想像できない(笑)からか、

アクの強いフレディファンだと言うとビックリされることもある。

フレディのどアップのバッジをカバンに付けてた私・・・(熱い)。

ここでQUEENを語ると大変なことになるのでまた後日(笑)。

自分の耳に「いいなあ、コレ」とひっかかる音は、

とにかく編集して人に配っていた。もちろん分かってくれそうな人に。

その時代、その時代で熱烈に音楽を聴き、カセットに録り貯めた。

ほとんどは耳の肥えたY.Dちゃんにプレゼント。

そのため、その頃のお気に入りの音は私の手元にはない。

代わりに色々な人からもらったオリジナル編集のテープ。

これは今も大切な宝物の一つ・・・。

そういえば、以前の仕事で、

フランス人のウェディングドレスデザイナーの

ファッションショーでの選曲というのをしたことがある。

独特のデザイン、軽やかで、キュートで、少しセクシーで・・・

私の目に映るそのイメージで「ブリジット・バルドー」をメインにして、

フランスで有名なレーベル、サラバーのアーティストの曲など、

私も大好きな音をセレクトしたのです。

気難しいそのデザイナーでしたが、ショーが終わってから私に、

「あなたがセレクトしたの? それは誇りを持ってよい才能よ!」と、

いたく感激して下さったのでした。。。

自慢話はそれくらいにして(汗)、

ホームページのほうで毎月入れ替えている「今月のオススメ」、

お花がもちろんメインですが、その月に合いそうな音も、

今月から一緒にコーディネイトすることになりました。

これはHP立ち上げからご覧の方は以前も「見たよ」とおっしゃるかも。

今回、形をキレイに変えて、ちゃんとオススメしております。

昔からの夢がちょっぴり叶ってしまいました・・・amica公式サイト

DSCN1663.jpg