amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

レッスン後のお楽しみ。。。

最近になって、本町のレッスンの後にもスイーツをお出しすることにしました。

とはいえ、初めてのことではなく、実は以前にもそのお楽しみがありました。

もう7年になる、最も古くからの生徒さんのお一人、お菓子名人のHさん・・・。

レッスンに参加し始めた頃OLさんだった彼女は、

お菓子作りが昔からの趣味とのことで、

週末になるとお家を甘い香りでいっぱいにしていたそう。

習ったお菓子の写真をキレイにファイルして、

知識と技術とデザインを大切に積み重ねているようでした。

そのHさんが、いつからか本町でのフラワーレッスンの度に、

その日のテーマに合わせてお菓子を作って持って来てくれるようになった。

ハロウィンにはもちろん「カボチャのケーキ」を。

紅茶色のアレンジには「紅茶のケーキ」を。

素材を厳選し、丁寧に手作りされたお菓子はとても美味しく、

どれも真面目で穏やかな味がして、Hさんの人柄そのものを見る思いだった。

そんな彼女があるとき一念発起し、長年勤めた会社を辞めて、

一人フランスにお菓子留学と語学研修のため、一年間の旅に出た。

現地から送られて来るメールにはお菓子への熱い思いがたっぷり書き綴られ、

同じ一日24時間を過ごしているとは思えないほどの充実ぶり。

それこそフランス中のお菓子を食べ尽くして(笑)いる様子だった。

お菓子を趣味、としている人は多いけれど、

彼女ほどの情熱を持っている人を他には知らない。

是非、何かの形で皆さんにご紹介したいなあ、と思うのですが、

色々食品関係は衛生的に許可が難しいらしく。

お店(ネットでも)をどうこうする、というのは大変らしい。

でも水面下で色々準備は進めておられるはず。。。

せめてお菓子ブログを書いてほしい、とお願いしている私デス。

さて、今日の本町レッスンのテーマは、

「キャンディカラーのリース」。

細い茎の春の花を、オアシスにいかに正確に差すか、という練習。

手が覚えて初めてその力加減が身に付く。

Hさんがそれに合わせて、キャンディに見立てたまあるいケーキ。

新年の第一回目、ということで日本人らしくお抹茶のお味です。

(アレンジは一番早く仕上げた数田さん作)

DSCN1609.jpg

来月のレッスン、バレンタインのアレンジには、

そのHさんの美味しいチョコをお花と一緒にアレンジしていただきます。

お花のデザインや色、そしてチョコの形や味(!)まで、

楽しい打ち合わせを済ませましたのでお楽しみに!

オイシイアレンジ作りませんか? ・・・amica公式サイト