amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

冬のフローリストの必須アイテム!

大寒波はひと段落したとはいえ、今年は例年より冷えますね!

こんな中、暖房ナシで水仕事中心の作業するのがお花屋さん。

元々案外重労働だね、と言われる花の仕事も

冬はお花の持ちはよくなる一方で、身体には一番コタエル。

フローリストを襲う三大疾病

  手荒れ

  腰痛

  ボウ○ウ炎

です。(ううむ、ちょっと恥ずかしいですが、三番目もマジで多い。)

冬のコレで、残念ながらお花をあきらめる人も結構います。

そこで今日はそれぞれの症状に負けない特効薬を紹介します。

まずは手荒れ、年中水を扱うにしても、冬は特に要注意。

水に濡れたまま冷えるとしもやけも併発する。

では、一日のうち、たとえ二時間でも水を使わないタイミングがあれば、

キレイに手を洗って水気をふき取り、このクリームを手全体に擦り込みましょう。

< ハンドクリーム : ユースキンA >

オレンジのフタの「ファミリーメディカルクリーム」で、

私の家ではもう代々?このクリームのお世話になっている。

手はもちろん、ひじやかかと、やけどやしもやけ、唇の荒れなど、

ビタミンEがたっぷりなせいか、とにかく頼りになるのです。

これを寝る前によく擦り込んでおくと、朝には滑らかな肌になっています☆

クリームの匂いが気になる方もあるかもしれませんが、

キツイものではないので慣れてくるでしょう。

(そういえば私の姉は小さい頃、コレを温めてちょっぴり舐めていたらしく!、なんでもほんのり甘いらしい。。。)

とにかくこれで私は今まで全く手荒れ知らずです。

続いて腰痛

主に冷えからくることが多く、疲れ、ストレスなど原因はいろいろですが、

これは程度や症状様々で、結構深刻だったりします。

私も数年前、かなり大きなギックリをして約一ヶ月動けなかったことがあり、

実際の痛さ以上に本当にコタエたので、二度と腰痛はイヤだと思う。

おかげで「腰痛名人」と接骨院の先生に言われるほど、

知識を持って腰痛に対処しているので、それからは一度もない。

「名人」になると腰痛になりやすい姿勢はまずしない。

深くもたれることやうつ伏せで本を読んだり、

普段から腰への負担をかけないようにする。

そのうえで腹筋背筋が衰えないよう気をつけ、そして何より、

冷やさない

冷やさないことはボウコウ炎も同じ。

両方に効く、暖かい肌着といえば・・・

< ダマールの肌着 >

そこらの「オバシャツ」とは素材から全然違う。

暖かさの段階も5段階あり、普段の室内での生活用の「2」から、

気温の低い過酷な雪山仕様の「5」まである。

私はもちろん仕入れには「5」で臨んでおります(笑)。

お花ビギナーの女性の中には、

「オバシャツなんて、私の女心が許さなくて着たことな~い」

と言う人もいる。

気持ちはよく分かる、でも女心とボウ○ウ、どちらが大切???

冷えは何としても避けなければいけません。

このダマール、

着たままうっかり暖房の入ったデパートなどをウロウロすると、

鼻血が出るくらいに温まるので要注意です(笑)。

さてさて、色々あっても冬の一番の特効薬はお風呂が何より。

私はツムラ乳頭温泉でツルツルになって、芯まで温まってます。

一度、本当の乳頭温泉に言ってみたいな~。

DSCN1597.jpg

何か皆さんも特効薬ご存知なら書き込みしてくださいね!

冬も元気な・・・amica公式サイト