amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

フリーランスについて。。。

フリーになって通算3年、最近色々見えてきたことがある。

どこかの職場に所属してお給料をもらうよりも、

「フリー」という響きで気楽に思えるかもしれない。。。

でも実際のところ、

雇われて従業員として仕事をするよりも三倍働いて、

収入はようやくになる、と言われている。

それでもフリーになって活躍したい人は多い。

人に指図されずに動けることはストレスが少ないし、

会社での人間関係で悩むこともない。

うまくいけば有名になれるかもしれない。

私がフリーになったキッカケは、

それまで四年間仕事をしていたフラワーショップでオーナー兼先生に、

「あんたは小山潤子でやっていきなさい。」と背中を押されたから。

今思えば、尊敬する先生に言われた言葉としては最上級のエールだと分かるけれど、

そのときは不安でたまらなく、自分で立ち上がる姿を想像できなかった。

ウェディングブーケが得意だった私は、

まず初めに評判のよいドレスショップにアポを取って営業に行き、

契約を結んだ。

営業力というものとは程遠いやりとりだったと思うけれど、

その出来事は本当に身震いがするほど嬉しかった。

ひとつひとつ壁に立ち向かうたびに、

今まで自分が持ち合わせていなかった能力を知り、

逆に案外乗り越える熱意が確かであることを確認できたりする。

少し前に、スタッフ募集を見て面接に来たINさんが、

「センスのよい人か、そして人から信頼されて人を集める人か」

私について、その部分を確かめたかったとのこと。

確かにそうなのだ。。。

フリーになってちゃんと仕事をしていくには、

人にはない感性や営業力、交渉能力、経営センス、

そういった実務以上に、実は人柄が大切だったりする。

オープン半年で約三分の一が消えていく花の業界で、

生き残るにはそんな当たり前の部分が明暗を分けることも。

先日、ちょっと嫌な思いをする出来事があった。

悲しいやら頭にくるやら、なかなか収まらなかったけれど、

「自分は人にこんな思いをさせない」というところで気持ちが安定した。

人間的な鍛錬は、一つ一つそんなところから学んでいくしかない。

さて面接でお話したINさんは今、スタッフとして本当によくやってくれる。

それに応えて私も日々精進し、人を集められる人になりたい、と思う。

 

0512inai-kobe.jpg

写真はINさんのアレンジです。

よいクリスマスを・・・amica公式サイト