amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

美へのあくなき挑戦

今回は花のお話ではなく、タイトルそのままののお話です。

孫が五人もいて、世間的にはすっかり「おばあちゃん」なポジションの母ですが、

美と健康へのこだわりは人一倍強く、それに驚かされることが頻繁にあります。

姉とはときどき冗談で、

  「健康のためなら死んでもいい」くらいの勢い、と話しておりますが(笑)。

「あるある・・・」や「ためして・・・」系の健康に関する情報をコマメに取り入れ、

その手の雑誌、書籍は常に何か読んでいる。

まあ、今の健康ブームが起こる以前のもっと昔から、

ヘルシーな料理を心がけ、勉強をし、そのおかげで私たち娘は元気に大きくなった。

梅干や味噌やぬか漬けはやはり母の味が一番だと思う。

美に対しては、髪や肌に良いことを様々試みているし、

ヘアカットも遠方のコダワリサロンに1時間以上かけて通う。

さて

そんな母が先日、初めての韓国ツアーから帰ってきた。

お土産話を聞きに行ったところ、スッピンの母の顔がいつもと違う。

その違和感に私が「?!」となっている反面、母のどことなく勝ち誇った顔!

「ウッ!・・・」と言いかけた私に、

眉毛に入れ墨してん!」とホクホク顔の母。

私は言葉を失い、なんとコメントしてよいか、困った。

そうか、韓国のオモニの顔なんだ。。。

いやいや待って、垢すりはする、とは聞いていたし、

旅行のメンバーで徹夜でナポレオンをする、とも聞いていたけど。

「い、い、入れ墨って!?」

入れ墨、それは一般的には半永久のことでございます。

反対に眉の形は流行によって年々変わり、太くなったり細くなったり、

臨機応変にしてかねばならないものでございます。

なのにナゼ、優しいゴルゴ13のような眉に?!

他の部分のメイクをしていない、ということもあるけれど、

明らかに眉毛だけが一人歩きをしている感じ。

髪の毛の色とは全く違う黒々とした、勢いを感じるカタチ、

特に眉頭が強い意志を表現していて、眉尻もやや攻撃的。

それがそこはかとなくゴルゴな風情を醸し出している。

食事中、話題にはほとんど集中できず、

何度か話の腰を折ってはゴルゴの話になってしまい、

今更ながら、アイシャドウのチップで少し色とカタチをぼかしたらいいよ、

とかアドバイスしたりして。

そんな私とは対照的に、母はものすごーーーく上機嫌で、

「朝のゴミ捨てで眉書かなくていい」とか、

「目元がハッキリして若々しく見える」とか、

今回のチャレンジが大成功だと若干興奮気味だったりする。

そういえば、もう何十年も続いている母のナポレオンツアー。

昔のOL時代の仲間4,5人で、日本各地、ナポレオン&観光する旅行。

あくまでもトランプがメイン(笑)だそうで、

私たち姉妹はその楽しくて辞められない「ナポレオン」を何度か習ったのですが、

母の説明するルールは断片的で、本に出ているものとは違っているし、

あげくの果てには「言葉では説明できないルール」ということで終わる。

多分、そのグループの何十年の歴史の中で、

ナポレオンは様々な協議のうえ修正や簡素化や新しいルールも加え、

他の人には入れない世界になっていっているようでした。。。

さて、食事も終わり、帰る頃になると、

なんと不思議なことに、母の眉をすっかり見慣れて、

あろうことか「いや~、案外いいね」みたいな感じにまで。

「じゃあ今度一緒に行こうか!」と言われたけれど、

「フローリスト辞めてスパイに転身したときにね」とさすがにやんわりと断っておきました。

ゴルゴ13並みにイイ仕事します、

amica公式ホームページ