amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

芸のハナシ

先日、生まれて初めて落語を聞きに行きました。

ためしてガッテン」でも人気の志の輔さんの。

富山生まれという志の輔さんは、どことなく生真面目な印象があり、

司会者としても好感を持てる人でした。

それが本業の落語家の芸を見て、

司会業が副業なんだ、ということが改めて強いインパクトで伝わってきました。

そういえば最近の「バラエティー番組」というもののほとんどは、

お笑い系という人が何人も並んであーだこーだ言うパターンで、

面白くもありつまらなくもあり、ただ時間が埋められていく気分。

芸人」がきちんと「」を見せる番組があまりない気がする。

イヤなお話だけれど、

薄い内容でたくさんこなした方が、稼げる、ということか。

それに慣れつつあると、その薄味でも片手間に見て笑えればいい気もしてくる。

でもときには、

  きちんと磨き上げられた芸を、

  きちんと座って見たい、と思う

私は関西の人間だけれど、

昔から吉本新喜劇でコテコテに育っているかというと、そうでもない。

どちらかというと、一時期は正直かなり引いていた。

そんな冷静?な私が見ても池乃めだかの芸はすごい。

手で目元をこすっただけで、誰よりも悲しい仕草ができる。

145センチとも言われる小さな体から、舞台全体を引き締める、

「もういい、もうたくさんだ」というアメリカ西部劇バリのセリフを吐く。

普通に見えて、きっと何度も試行錯誤を重ねて練ってきた芸、

だから何回でも見たくなる。待ってました、な気分です。(笑)

さて、志の輔さんの落語、

今回は古典落語ではなく、創作でしたが、

舞台には本当に座布団が一枚、照明も一筋、他になんの仕掛けもない。

その中で、本当に話芸だけで会場は水を打ったようになって、

ときにはもちろん爆笑を誘い、話に引き込まれていく。

やっぱり磨かれた芸って本当に本当に素晴らしい。。。。。

話は飛びますが、

ここ2,3日、作品作りで熱い時間を過ごしていました。

他にはない、特別な、力のある、グリーンと白の、クリスマスリース

今年だけの勝負作品、こだわりリボンも合わせて、じっくり練ってモノ作り。

制作途中。。。。。 完成はまた後日。。。

(使用花材 : 黄金水木、パフィオ、ティヌスベリー、バブルス)

DSCN1466.jpg

今年のクリスマスフラワーデザインは・・・

amica公式サイト