amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

想いを重ねるシゴト

先日、古希のお祝いの花束のご注文がありました。

ご家族でお祝いをする、その席に映えるお花。。。

そういえば、おととしだったか、ウチでも父の古希のお祝いをしました。

私たち娘たちと、孫たち、合わせて・・・とにかくワイワイたくさん集まり、

父の大好きなものを揃え、ちびっ子たちは歌をプレゼントしてお祝いをしました。

一番年長の、小学校2年生のユウタ君が、得意の工作で

   

   「古希王」という

それはそれはかっこいい王冠を作りました。

どんな王様なのか、私には初耳でしたが(笑)、とにかくその王冠、

父によく似合っていました。

今70歳を迎える世代は、

小さい頃に戦争も記憶していて、

そのうえ高度成長の日本も支え、ぜいたくをせずにとにかく働いてきた。

きっと一番お花を贈ったり贈られたり、ということと無縁の世代かも。

その世代の人たちが、時代の荒波をくぐって健康に古希を迎えるというのは

やはり本当にめでたく、父と重ねることでイマジネーションが働き、

世間の70歳の方々をお祝いしたい気持ちになる。

私のスタンスとして、

そんな風に想いを重ねて、または想いを馳せてモノを作ること、

お顔の見えないネットでのやりとりだからこそ、

それが大切だと思える。

大手の花屋さんの中には、受注量の多さで制作がどうしても流れ作業になっていたり、

ウェディングに関しても花嫁さんのお顔を知らない人がブーケ作ったり。

(残念ながらよくあることです。)

まあ、よくも悪くも受注の量はウチに関しては程よい。

全てに目が届く。

やはりモノを作るって、ひとつひとつエネルギーのいること。

さて、その古希のお祝いには華やかな花を選び、

贈り主の方からの祝福の気持ちをカタチにしました。

こちらは古希王、元気玉の孫との対決で倒され中~(笑)。

P505iS0007471399.jpg

古希にお花を贈りましょう。

amica公式サイト