amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

化学反応

一人の個性と、もう一人の個性が出会って、

そこで化学反応が起きる、という名前のデュオ、ケミストリー。

一人ずつでは出ない色合いが、誰かと出会うことで浮き立ち、

本人が想像していなかった違った色合いが生まれたりする。

二人の声はまさしく重なって艶やかさを増し、様々な色合いを見せる。

そういえば私は昔から人と人を引き合わせるのが好きで、

それはきっとそんな化学反応を見るのが楽しいからなのだろう、と思う。

私自身は持ってる引き出しも少なくて、おまけにちょっと浅い(泣)。

誰かと出会っても、その人の新しい色合いを引き出すことが出来ないことが多い。

だから、ではないけれど、人と人を出会わせることにワクワクする。

そのへんの鼻が利くのか、合った人同士相性がよい場合が多い。

すっかり意気投合してノリノリで握手しているのを見ると、

もしかしたら当人たち以上に、私は幸せを感じているかもしれない。

ある意味、花を合わせるのも似たところがあるのかも。

隣に合わせる色や形で、違った花に見えることもある。

生かし合う花もあれば、個性を消し合うものもある。

芦屋へ来て約一年が過ぎ、色々な出会いもあり、

お世話になった方も多く、人間模様も少し変化した。

そうだな、ここらでひとつ、そんな皆さんを出会わせてしまおう

と思います。 それも強引に年内に。

忘年会クリスマス商戦デート旅行、モロモロあるでしょうが、

今年の打ち上げ、芦屋amica一周年、なんでもいいから宴会~!

詳細はまた追って。

うふふ、楽しくなってきた~。

さて、写真は先日ウェディングブーケの講座で、

理恵子さんの起こした彼女ならではのケミストリー、

深紅のバラのラウンドブーケとアンスリュームの葉の競演です。

近くに写っているのはムコガワさんパリのリュウ・クボタさん

買ってきてくれたスコッチテープ!

ムコガワさん、そして丁寧に対応してくださったリュウさん、メルシ~!!!

DSCN1429.jpg

ウェディングブーケのことなら・・・amica公式サイト