amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

夢の部屋

勤労感謝の日の昨日、

いつにも増して気合の入る会場装花のシゴトがありました。

花嫁さんがお花屋さんの、

そしてそのお母さまがお花屋さんを始めた方で、

ゲストの方のほとんどが花業界の方々で、

そして、花嫁のために是非飾りたい、というフローリストが大集合!

花嫁さんご本人はとても優しくてしっかりした人、

誰よりもウェディングの装花の楽しさも大変さもご存知なので、

小山さんにも楽しんでほしい」と再三言って下さいました。

ウチで飾る基本部分以外に、

窓枠、エントランス、シガーテーブル、ホワイエのチェスト、など、

ありとあらゆるところが飾られました。

それを全てプランニングして取り仕切っておられたのは

花嫁さんの友人のフローリスト、Sさん。

マジメで几帳面なSさんですが、実はmixiミクシィ)におられて、

私と好きなものが共通だったのでウレシクなりました。

さて、今回の花は、というと、披露宴会場は赤一色で、

マリリス、バラ、グロリオサ、ダリア、アンスリューム、と

主張の強い花材で、元々赤い花が苦手だった私ですが、

なんと合わせてみるとその美しいこと!!!

改めて赤い色の強さ、美しさに感動しました。

チャペルではふんだんにカサブランカが使われました。

最近のフレンチのアレンジでは、ユリはなかなか使われません。

よほどの大きなアレンジでない限りは、全体に丸い花が好まれます。

というわけで今回は久しぶりの大量入荷となったのですが、

挙式当日にベストな咲き姿になるよう、入荷日、温度を調整し、万全に備えました。

前夜、チャペル祭壇の大きなアレンジを作っていて思い出しました。

あ、そういえば、私、カサブランカ大好きだった・・・。

艶やかな香りと神々しい花姿・・・、

まだ花の仕事を始める前は花屋さんで1本だけ買って、

大事に部屋に飾っていたなあ。。。

いつか部屋いっぱいにカサブランカ飾りたいなあ、て。

そんな夢がいつの間にか叶っていたのです。

今、部屋には咲き方調整のために仕入れたカサブランカが15本くらい。

甘い香りを放って咲いている。

花嫁の智加さんのおかげで、

赤い花と、カサブランカがまた好きになりました。

ありがとうございました、そして、どうぞ末永くお幸せに♪

DSCN1426.jpg

amica公式サイト