amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

歓喜のボジョレーパーティ

なんだかしょっちゅうーティばっかりしているみたい。。。?

いいえ、今週はたまたま重なっただけです。

お世話になっている芦屋モノリスのスタッフ、

KM氏、KB氏のお二人が近々異動になるため、

その送別会をウチで開いたのでした。

ちょうどボジョレー解禁の日、寄せ鍋に合わせてをセレクト。

配達2件とヘアカットを済ませ、ヘアメイクの久保木サンとお買い物。

やはりお客様の日は「イカリスーパー」で。

新鮮な野菜、魚貝、お肉、そして美味しいポン酢も。

もう一人の主役?はRマリーのENKOさん

同業者ならではのウラ話はもちろん、

ここでは書けない世の中の広い世界のナニのお話など、、、。

そこらの芸人より爆笑を取れる話題満載でした。

勢いのある会社の、いつもイキイキしているKB,KMのお二人、

まだ二十代半ばながら着々とキャリアを積み、絶えず上昇している。

「10年後どうなってるっすかね~、また集まりたいっす」と話していたけれど、

10年といわず、きっと彼らの5年後はしっかり花咲いてるはず。

異論はあろうけれど、男30歳、ひとつの光を放つときかな、と。

ある程度のシゴトも遊びもこなし、社会にもまれ、自信も付けていく。

おお、まるで出来立てワイン、ボジョレーヌーボー

そこからまた10年、40歳が馥郁とした香りを放つ醸熟の世代。。。

その香りこそが男性一番の魅力、という、

その意見は久保木サンとも一致しました(あくまで30代女子の意見です)。

その意味では30代半ばのENKOさんはもう香り出始めてる感じ?

か~なり危険な香りも混ざっておりますが(笑)。

まあ、色々なにやらかにやらあろうかと思いますが、

その魅力的なお人柄でどうぞ乗り切って下さいませ。

宴会は7本のワインを空にしたところでお開き。

酔うと脱ぎやすいCHI氏も乱入したけれど、

今回はギリギリ無事で、

KB氏ときちんと食器を洗って帰るお行儀の良さ・・・。

まあ、ワインや男性について語るには私はまだまだ青二才。

いい香りが立つよう、まだまだ修行です。

街はクリスマスイルミネーション

近くのメゾン・アンリ・シャルパンティエもキラキラでした。

今日からクリスマスバージョンの・・・amica公式サイト