amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ウェディングブーケへの想い

今日は私の中で一番大切に想うもの、

   ウェディングブーケのお話。

今日はいつもオーダーをいただいている本町の某企業へ、

リザーブドフラワーのアレンジをお届けしてきたのですが、

思えばここの社員さん、もう何名分送別のお花を届けてきたかしら。。。

こちらの会社では、

 送別にはプリザーブドアレンジ、

  ウェディングブーケもamicaで、

   ご出産のときはまたプリザーブド、

    母の日のアレンジもamicaで・・・

というふうに、Iさん以降ステキな連鎖が続いているのです。

皆さんとっても幸せになっておられて、本当に感無量。。。

そうそう、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

私のブーケ、効き目が早くて、

なんとブーケトスなどでもらった人が、すぐに婚!

あ~、これまた感無量。。。

思い返せば10年前(どこかで聞いたフレーズ・・・)

私が「花」を仕事として始めてから一年くらいのとき、

それまでアレンジ歴などで出遅れて思うものがなかなか作れず、

日々コンプレックスを、重ねて、煮詰めて、発酵させて(苦)、だったのが、

ウェディングブーケで光が見えたのです。

きっと手先が用だったことと、何より色あわせが楽しかったから。

ちょうどインポートドレスが台頭してきた頃で、

素材も縫製も本格的な「ドレス」が広まってきた時期でした。

ドレスの歴史の長いヨーロッパの、ため息の出るようなドレスを見て、

一流のデザイナーと、一流の職人が作った上質のドレスには、

やはりそれ相応のブーケが求められる、と思いました。

残念ながら多くのフローリストのブーケは、

手元のブーケ、その「花」の世界で完結してしまっていて、

全体のグレードに合わせる、ということが成されていないと思うのです。

90%以上のフローリストは、挙式当日の完成した花嫁姿を見る前に、

配達後そそくさとショップに帰ってしまう、という事情があるからでしょう。

先日も某有名フローリストのブーケを見る機会がありましたが、

「キレイな普段着」というクラスのブーケで、花嫁さん全体像の中で

はっきりと浮いてしまっていました。

  「え~、もうちょっとちゃんと作ってあげればいいのに。。。」

花嫁の美しさは20年、30年経っても美しくなければ、

そのくらい特別普遍的でなければ、

数年でコッパズカシクなるようなものはNO!です。 

私もこれからもっともっと研いで磨いて、

より美しく完成度の高い花嫁さんを一人でも多く送り出せるよう、

感性とフットワークとアイデアとトンチ(笑)を

向上させていきたいと思います。

あ~熱いなあ。フツフツ。。。

最後になりましたが、3月に挙式をされたRさんのブーケを

プルズでゲットされたKさん、ご結婚決まられたそうで、

この場を借りて「おめでとうございます!

000006.jpg

amica公式ホームページ