amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

座右の銘・・・?

今日はちょっと珍しいことがあったので書きます。

関西のプロバイダーで有名なZAQの、

会員向けのネットコンテンツ「関西の達人」なるページに、

12月からお邪魔させていただくことになり、その取材があったのです。

今回は「クラフトの達人」とのことで、

プリザーブドフラワーが取り上げられました。

季節柄、クリスマスリースの提案、または作り方など。

聞き上手の松代(まつしろ)サンと、

おそらく今までで一番、私の顔にレンズを近づけた(笑)であろう平川サン、

なかなかリラックスして、それまで封印?していたような話や、

忘れていた大事な思い出など、思わず色々お話してしまいました。

最後に座右の銘を色紙に書く、という決まりがあるらしいのですが、

言葉を用意しておくよう言われていたにも関わらず、

何せ言葉の才能ゼロの私なので、直前になって悩み出してしまいました。

いつも心に思っていることって、何て表現したらいいんだろう。

短くパチっと言い得ている言葉って?

結局かなり照れくさい気持ちで書いたのが、、、

 

  「花を活ける  

 

       花を生かす」

と、ここで書いてもかなり照れくさい。

でも本当にいつもこれは考えていることで、

花が生まれて育ってきた、花としての最後を、

居心地よいところで私の手で生かさなければ、と、

そう思って花同士合わせている。

人も同じ、だと思う。

きちんと適材が適所で花咲いてるのが、

一番見ていて気持ちよいし、本人も心地よい。

人は花と違って「自力」があるので、

自分活かしはその人それぞれの望みの持ち方で。。。

さて、そのコンテンツ、残念ながらZAQ会員のみのページだそうで、

もしご覧になりたい方はZAQのお友達に見せてもらうか、

いっそ切り替えちゃってください(嘘よ)。

ZAQの「関西の達人」

DSCN1308.jpg

今日の取材用のプリザーブドのリース。

レッスンでも作る原型です。

amica公式サイト