amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

服が好き!

今日は大好きな洋服のお話。

よく、

   「どこで服を買ってるの?」

と聞かれる。

というわけで今日はそんな「よくある質問」にお答えすることにします。

まず選ぶ基準ですが、流行がどうとかより、

   自分の型に合っていて

   実物より数段いい感じに見える服、

というところで、そんなに太字にしたり字を大きくしたりする必要もないような、

とても普通の基準です。。。

一番のお気に入りはやはり帝王アルマーニ

どんなマネキンで立体裁断しているかは分からないけれど、

私の薄い感じになんかしっくりくる。(と自分で思ってる)

私がどれくらい薄いかと言うと、

今年の夏に一緒に旅行に行った久保木さんが、

ベッドで仰向けに寝ている私に気付かないくらいの薄っぺらさ、です(恥)。

続いて最近ゾッコンなのがアルベルタ・フェレッティ

全く、どうしたらそんなモチーフ、デザイン、色が浮かぶの、

とため息が出るくらい、本物の、永遠の女性らしさが感じられる服。

(しかし見とれたカーディガンは6ケタ越えでした。。。)

その両雄?の地位は別格として、

あとはアンナ・モリナーリ、ナルシソ・ロドリゲス・・・。

前者はスイートな私を見せるとき(ええと、それはいつ?)、

後者は仕事のデキルいい女を演出するとき(この大勝負もいつ??)、

など、来たるべき?TPOに合わせて的確にチョイスしたい。

などなど、セレブ感のあるブランドが続きましたが、

薄っぺらい(しつこいね)私にはシャツが味方なのですが、

ENZOというシャツ専門店が色のバリエーションが多くて楽しく、

とても気に入っています。 お値段もお手ごろです。

やはりイイモノはいい。 きちんと説得力がある。

服にしろ、靴にしろ、またはガラス食器にしろ、

じっくり見ても飽きない、力を感じます。

モノの作り手の一人として、

そういう説得力のあるものを作りたい、と常々思う。

は高く、この秋の空のように。。。

明日の仕入れも気持ちは「前へ」「前へ」、

良いレッスンのために勝負して参ります~。

amicaの公式サイト