amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

Calling...

「天職」を英語ではそう言うそうです。

天から授かってしている仕事、コーリング、いい響きです。

これを見つけるのはたやすいことではありません。

今は自分自身、フローリスト=コーリンだと確信できます。

でもここに辿り着くまでは色々遠回りをしました。

若いときにはやりたいことをしなさい、とか

失敗しても挽回できるから、とか

コーリングが見つからないときにこれを言われても、

勇気付けられるどころか、足踏みしてしまったり。

「自分の能力を生かせる、自分の居場所って・・・?」

この答えを掴むまではまるで「生木がくすぶっている状態」で、

命をきちんと燃やせていない感じがしていました。

いつもいつも自分がどの程度の何者なのか、問い続けていて、

どんどんクローズになっていった時期がありました。

何かできちんとテストをすれば「~力」が強くて、「~力」が弱い、とか

自分の居場所を見つける早道があったのかもしれないけれど、

結局、様々なところにぶつかって目が覚めたり、ちょっと怪我したり、

または人と比べて、人を観察して、自分を改めて理解したり。。。

そしてあるとき、自分で「え?これが私?」と驚くときが。

これは何かの前進をしたときに感じる嬉しい驚きです。

花の仕事をするようになってから、自分がどんどんオープンになって

制作の過程においてだけでなく、人づきあいでも驚きを感じることが多くなりました。

もう充分な大人になって、そのうえ何年も経つけれど(笑)、

まだまだ自分には驚きを感じていたい、と思います。。。

昨日驚いたのは神戸が本当に様変わりしていたこと。

車で移動することが多い私は、ピンポイントでは把握していても、

駅から散策しながら、となると途端に迷う。

しかーし、そんな神戸でこの11月よりレッスンを始めます。

場所は駅から迷わず行ける、神戸国際会館。 そごうの南です。

あなたの知らないあなたに会える、

驚きのお花のレッスン始めませんか?

(なんか怖い、やっぱコピーライターの才能ゼロだわ・・・)

11月からはクリスマスリースのレッスンです。

(写真は昨年の「生花のリース」生徒さんの作品です)

horiguchi11.jpg

amicaの公式サイト