amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

思い出の一日

この季節、一年で一番結婚式が多い。

6月のジューンブライドじゃないの?とも聞かれるけれど、

天候不順だったりでやっぱり秋が人気のよう。

先週、近くの芦屋モノリスで挙式があり、装花一式をさせていただきました。

とてもしっかりした、ご自分の希望イメージをしっかり持っている花嫁さんで、

打ち合わせから本当に楽しく、ついついおしゃべりが長くなったり。。。

苦楽園の高台にお住まいのこの方、お母さまが大のお花好きで、

育てているお花を受付に飾るなど、色々アイデアを出して下さいました。

そこで私も、

「市場で仕入れたお花ばっかりじゃ味気ないし、

もしあれば是非そういう材料を使わせて欲しいです、

それがきっと良い思い出になると思いますよ」と。

その提案は、当日、披露宴会場で実現しました。

挙式前日の朝、ご自宅近くに自生しているヤマゴボウ山葡萄を、

花嫁さんとお母さまでたっくさん収穫されたのです。

それを夕方、ご自宅まで受け取りに伺うと、

まあ、なんと可愛いココちゃんというワンちゃんがお出迎え。

お母さまにゆっくりお庭(あらゆる草花と花木が!)を見せていただいたりして、

またなごみの良い時間を過ごさせていただきました。

ヤマゴボウは披露宴会場で各テーブル、お二人のテーブルなど、

元々「紅茶色」のリクエストだった装花にピッタリ!

きっと何年経っても、毎年秋になるたび、どこかでヤマゴボウを見るたび、

この母娘は一緒に収穫して結婚式を迎えたことを思い出すのかしら・・・。

たくさんの家族の思い出を持って、

ユカさん、どうぞ末永~くお幸せに☆

DSCN1232.jpg

大手のお花屋さんでは対応していないことでも、

amicaでは様々なこだわりを実現します。

amica online flower shopホームページ